top of page

幸せについて考えたとき

いつだって楽しい時間はあっという間。

そろそろ帰りの時間です。

行き同様に、船まではまたひたすら泳ぎます。

きついはずのその距離を、なぜか、帰りは愉しむことができたのです。

仰向けになって空を眺めたり、潜ってみたりしながら......

そして、船に着いたとき、ふと思いました。

どんなときも、愉しむことに視点を変えて生きることができたら。

辛さよりもうれしさの方に気づけるようになったらどうだろうと。

仰向けになったら美しい空が広がっているし、潜れば小さな魚の親子にも出会えた。

そんな、ささやかでも小さなうれしさがたくさんある1日を重ねていけば、生きることはとても楽しいものになる。 幸せについて考えたとき、きっとそういうことなのだろうと思った。

Comments


CATEGORIES
- 分類 -
CLOTHING
- -
FOODS
- -
HOUSING
- -
MY THINGS
- 徒然 -
FAMILY
- 家族 -
SEA / S /WORKS
- SEASと仕事 -
GOODS
- もの -
TRIP
- -
NEW
- 新着 -
ARCHIVE
- 月別 -
SEARCH
- 探す -
bottom of page